乾燥脂質肌ってどんな症状?

乾燥脂質肌とは、2つの肌質が組み合わさっている混合肌に分類されます。額や鼻筋はテカテカするのに対して、顎や頬が乾燥します。また洗顔後に部分的につっぱったり、季節によって状態が変わったりします。日本人はこれらの症状が出やすいですが、脂っぽくなったことだけに注目して、皮脂を落とすことだけのスキンケアを行いがちです。その結果、皮脂を落としすぎて乾燥が悪化します。乾燥しているのは皮脂を正常に分泌する機能が低下している状態なので、正しいスキンケアで肌は安定します。まず日常生活で、皮脂の分泌を増やしすぎないようにします。アルコールの過剰摂取やタバコなどで内臓機能が低下したり、ストレスでホルモンバランスが崩れたりすると、体の内側が弱ります。さらに体の外側から紫外線やエアコンなどの刺激を受けることで、皮脂の分泌をコントロールできなくなります。よって自分の顔で油分が多い場所は、余分な皮脂が酸化しないように、タオルやティッシュで軽く拭き取ります。洗顔でも額から頬にかけてはしっかりと洗浄しますが、目元や口元は乾燥しやすいので、洗顔料の泡を軽く触れさせて汚れを落とします。状況によっては洗顔料を使わないで、ぬるま湯で洗い流すだけでも良いです。化粧水は乾燥肌と同じように脂っぽい部分も塗ります。顔全体に均等に塗って、数回に分けて使うと浸透しやすいです。ただし皮脂が気になるという理由で、さっぱりしすぎた化粧水は不適切です。しっかりと潤いを保てないと皮脂が増えるので、セラミドなどの保湿成分を配合しているものを使います。乳液も化粧水が蒸発するのを防ぐので、テカリのある部分は少量でも必ずつけます。乾燥脂質肌は、季節によってもスキンケアが変わりますが、保湿が基本です。