肌質チェックでわかる肌質と肌状況

肌質チェックで分かる肌質には4つのタイプがあります。
バランスの良い肌質である普通タイプ、毛穴が開き水分の多い脂性タイプ、肌のキメは細かいですが水分と皮脂も少ない乾燥タイプ、そして皮脂が多めで水分の少ない混合タイプです。
この4つのタイプはそれぞれ状況が異なるのでタイプに合ったケアをする事が必要となります。
普通タイプの場合はバランスが比較的良いのが特徴ですが年齢やストレス、生活環境等で状態が変わってくる可能性が高いため注意としっかりとしたケアをする事が大切です。
さらに普通タイプといっても乾燥性普通肌と皮脂性普通肌に分かれるのでどちらの傾向かを見極めることが必要です。
脂性タイプは洗顔しても時間がたつと顔がてかてかしてしまうタイプです。
そのため、化粧崩れがしやすくニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすいため赤い皮脂型ニキビや吹き出物ができやすいのが特徴となります。ケアとしてはクリーム系はあまり使わず化粧水でサッパリとすると効果があります。
乾燥タイプは見た目はきめ細かいですが小じわになりやすく老化しやすい肌となります。
また、白ニキビや黒ニキビ等の大人ニキビと呼ばれる角質型のニキビができやすいのが特徴となります。
化粧でファンデーションを付けると粉を吹いてしまう時もあるためケアでは保湿を十分に行う事が大切です。
混合タイプはカサカサするけどもテカテカもすると厄介なタイプとなります。顔全体は脂っぽいのに部分的にはかさつく状態がみられます。
日本人はじつはほとんどがこのタイプだと言われています。
化粧崩れがひどいから脂性タイプかな、肌が乾燥しやすいから乾燥タイプだと決めつけずに、混合タイプかもと疑うことでより細かなケアを行う事ができます。